貧乏サラリーマンが贅沢な人生を満喫できる秘訣

アメックスプラチナカードと海外旅行に関するTIPSを盛りだくさんでお伝えしていきます!

AMEXプラチナ特典のコンフォートカフェ(新幹線チケット手配)の使い勝手と注意点

 目次

1.AMEXコンフォートカフェサービスとは?
2.新幹線チケットをAMEXに依頼する
 2-1.AMEXコンシェルジュに新幹線チケットを依頼する
 2-2.電話での依頼って面倒くさい
 2-3.発送前に再度確認の電話
 2-4.チケット受け取り
 2-5.領収書の発行元はもちろんAMEX
 2-6.ビジネスシーンでの使いにくさ
 2-7.新幹線チケットの変更、キャンセル方法
3.まとめ

 

1.AMEXコンフォートカフェサービスとは?

AMEXコンフォートカフェサービスとはAMEXプラチナカードの特典の一つです。
AMEXプラチナコンシェルジュを通じて新幹線チケットを購入した場合、
特定駅の特定カフェで利用できるドリンクチケットが無料でもらえるサービスです。

日頃新幹線を利用する方は無料でドリンクチケットがもらえるので非常にお得なサービスでしょうか!?

2.新幹線チケットをAMEXに依頼する

2-1.AMEXコンシェルジュに新幹線チケットを依頼する

実際にAMEXプラチナコンシェルジュに新幹線チケットを依頼してみました。

依頼先はAMEXプラチナコンシェルジュの国内旅行部です。

今回依頼したのは愛知県の金山~名古屋~岡山~丸亀までの往復チケットです。

それぞれの利用区間に対するチケットは下記の通り。

 金山~名古屋:JR
 名古屋~岡山:新幹線
 岡山~丸亀:JR特急潮風

そのため今回の依頼では下記のチケットの依頼となりました。
 金山~丸亀のJR乗車券
 名古屋~岡山の新幹線特急指定席券  
 岡山~丸亀の特急指定席券

2-2.電話での依頼って面倒くさい

飛行機のチケットでもそうですが、数字の並ぶ会話は非常に疲れます。

今回の依頼について、半分は私の責任ではありますが明確な電車を指定していませんでした。

AMEXへの依頼としては
「12月○日の16時頃到着で金山~丸亀のチケットの手配をお願いします。
帰りは12月×日18時頃丸亀発で名古屋までのチケットの手配をお願いします。」
というものでした。


そのため、まずはAMEXのオペレーターがその電車を探すことから始まります。

そして、候補の電車が見つかった後、苦痛の確認作業が始まります。

 

オペレーター
「まず、12月○日の○時○分に愛知県金山発、○時○分に名古屋着、乗換時間○分で、

 ○時○分に名古屋発博多行きの新幹線のぞみ○号に乗車、○時○分に岡山到着。

 その後、乗換時間○分で、岡山○時○分発の特急○○に乗車、

 丸亀には16時より○分早い、15時○分の到着です。」

 

数字だけ聞いても全く頭に入ってきません。
もう途中から相槌を打つだけです。

 

やっと終わったかと思ったら
「続いてお帰りの電車です。
 丸亀駅○時○分発で。。。」

 

またきたーーー!!


かといって、省略するわけにも行かないので相槌を打っていると

下記の2つのルートがあるとのこと。

・岡山~名古屋は最短だけど新大阪で乗換のルート

・岡山出発が30分遅れるけど直通のルート

 

こういう判断が求められるから、ちゃんと聞かなきゃいけないわけですね。

 

ルートの確認が終わったら座席の希望を伝えます。

・禁煙車の窓側を優先で、取れなければ通路側でも可

と伝えておくことで、希望の座席を確保できなかった場合に連絡不要となります。

 

乗換案内などを検索して一覧情報に慣れているためか、電車の手配を電話で行うことは非常に煩わしく感じました。

 

ちなみに電話をかけ始めてからこの時点までで、既に20分が経過していました

普段だったら窓口で「丸亀まで往復、一番早いルートの指定席で」と伝えるだけなのでものの5分もあればチケットを購入することが出来ます。

 

この時点で感じたのが

コーヒー一杯のために何て不毛な時間を使っているんだろう。。。

という気持ちです。

2-3.発送前に再度確認の電話

電話での依頼が終了するとすぐに発送されるかというと、そうではありません。

 

まずは一旦依頼を預かって頂き、AMEXプラチナコンシェルジュの社内での承認手続きにうつります。その後発券して頂き、ユーザーに再度確認の電話。

 

また例の、各電車の時間の確認に加え、今度は座席位置も確認することになります。

 

全ての確認が終了した後で、やっと発送手続きに移ります。
最初に依頼を行ってから、この発送手続きに移るまでが約2営業日かかります

2日ではありませんので注意が必要です。

 

つまり、金曜日に依頼をすると、AMEXの社内手続きと最終確認電話が翌週月曜日になります。そうするとチケット入手は最短で火曜日ですね。

 

火曜日の昼間に入手で火曜日乗車は非常にリスクがあるので、実質水曜日以降の乗車となります。

 

ただし、AMEXプラチナコンシェルジュからは基本一週間の余裕を見て欲しいといわれます。そのため、あまりに近い乗車日の場合、発行を断られる可能性があります。

実際に私は3日後や4日後の乗車チケットは手配を断られています

 

2-4.チケットを受け取り

チケットは配達記録郵便で届けられます。

もちろんAMEXプラチナカードの特典なので無料で送付してもらえます。

 

届いた封筒はこちら。

配達記録郵便の箱を開けるとAMEXの封筒に入っています。

f:id:PlatinumLife:20161219230848j:plain

 裏面はこちら。

f:id:PlatinumLife:20161219230919j:plain

届いたチケットはこちらです。

新幹線チケット、特急券ともに、通常JRで購入するものと違いありません。

当然といえば当然ですね。チケットを代行手配してもらっているだけなので。

f:id:PlatinumLife:20161219230943j:plain

新幹線チケットを2枚手配しているので、コンフォートカフェクーポンも2枚同封してありました。

f:id:PlatinumLife:20161219230543j:plain

2-5.領収書の発行元はもちろんAMEX

中には領収書が必要な方もいるかと思います。
もちろんAMEXプラチナコンシェルジュに新幹線のチケットを依頼しても
きちんと領収書をもらうことが可能です。

 

写真にも記載があるように、正式な領収書として使用が可能です

f:id:PlatinumLife:20161219230402j:plain

 

私も会社に提出しましたがもちろん問題ありませんでした。

ただし、発行元はAMEXとなっています。AMEXで購入しているので当然といえば当然ですね。

2-6.ビジネスシーンでの使いにくさ

実際にAMEXで新幹線チケットを手配してみて思うのは

ビジネスシーンでは使いにくい

の一言です。

ビジネスで優先されるのはやはりスピード柔軟性です。
相手がいることなので、急な出張や変更はつき物です。

にもかかわらず入手まで最短でも三日、通常一週間とは正直使いやすいとはいえません。しかも発行してしまった場合、変更は無料で一回出来るものの、
キャンセルは一枚につき220円の手数料がかかります

新幹線から特急に乗り継ぐ往復チケットをキャンセルする場合、チケットが4枚となるのでキャンセル一回で880円もかかる計算となります。

キャンセルできればまだいいですが、例えばチケットを入手する前に出発しなければならない変更が出るとチケット自体が無駄になってしまいます

 

よく勘違いされることなので注意しなければならないのは

新幹線の有効期限は指定席だけでなく、自由席にもある

ことです。

 

下記リンク先をご参考ください。

www.jreast.co.jp

 

自由席だからどの日付のどの列車の自由席に乗れるわけではなく、
指定した乗車日付から起算した有効期限内に乗車が必要です

 

2-7.新幹線チケットの変更、キャンセル方法

AMEXで購入した新幹線チケットでも
通常の新幹線チケットと同様にJRのみどりの窓口で変更が可能です。

キャンセルもみどりの窓口で変更可能ですがクレジットカードで購入しているため
返金ではなく、クレジットカードへのマイナス処理になるので注意が必要です。

 

3.まとめ

新幹線チケットを代行手配、無料送付というのはカードホルダーのプライベート秘書を名乗るAMEXプラチナコンシェルジュだけあって、すごいサービスかと思います。

 

AMEXゴールドカードは新幹線チケットの代行手配自体が有料であることを考えると、高級ホテルでのドリンクチケットがもらえることを思えば、プラチナならではの特別特典といっても過言ではありません。

 

ただし、手配の面倒くささやビジネス用途での使いにくさを考えると、誰もがメリットを感じて使えるサービスとは感じませんでした。

 

有効活用できる方には非常によいサービスですね。

 

コンフォートカフェを利用した感想は下記記事に書いています。

あわせてご参考ください!

www.platinum-traveler.com

 

また、アメックスプラチナカードの特典の全容を下記記事でまとめています!

是非一度ご覧になってください!

www.platinum-traveler.com

AD