PlatinumLife’s blog

アメックスプラチナカードと海外旅行に関するTIPSを盛りだくさんでお伝えしていきます!

レクサスGSの9年目の車検が人に話したくなるほど衝撃の金額だった!!

2年ごとにやってくる車検ってものすごく怖くないですか?9年目ともなると車検の金額が恐ろしい金額になりますよね。正直私はめちゃくちゃ怖いです(笑)一体いくらになるのだろうか。あまりに高額ならむしろ新しい車に乗り換えた方がいいのかもしれないな、なんて考えたりしてしまいますね。

私の乗っている9年目のレクサスGSの車検が5月に迫る中、いくつかの店舗で見積もりを取って比較してみましたので報告します!

 

目次

 1.9年目の車検について

 2.オートバックスの車検見積もり

 3.レクサスディーラーの車検見積もり

 4.カー用品店とディーラーの比較

 5.まとめ

 

1.9年目の車検について

自動車を公道で走らせる以上は必ず定期的に車検を受ける必要があります。

 

初回は3年ですが、それ以降は2年毎となるため、5年目、7年目、9年目、11年目と続くことになります。

 

一昔前の車の期待寿命は10年、10万キロと言われていました。

残り1年のために車検を通してももったいないとの考え方から、9年目車検を通さずに売却する人も多数いました。

 

現在では車の部品の寿命も延び、10年10万キロを遥かに超えていますが、それでも9年目以降の車検は交換部品が多くなりそうです。

 

たとえレクサスといえど、9年目の車検では至るところが傷んできて、交換部品がかなりの数に上るのではないかと危惧していました。

 

ささやかな抵抗として、複数店舗で車検の見積もりを取り、比較をしてみました。

 

 

2.オートバックスの車検見積もり

少しでも安くなれば、との思いでオートバックスに車検見積もりをお願いしました。

その際の結果が下記の画像です。

f:id:PlatinumLife:20170313164801p:plain

 

ピットが空くのを2時間ほど待ちながら、車検の見積もり結果を頂きました。

車検の見積もりを頂くときの第一声が「基本的にどこも悪い部分がなかったのでかなり安く行けそうですよ!」との驚きの話。

 

基本料金¥18,000に、法定費用¥62,000のみとのこと!

 

バッテリーやタイヤなどは日常のメンテナンスで交換した、というのはありますが、それでもあまりの安さに衝撃を受けました。

おそらくベンツやアウディなどではこうはいかないかと思います。やはり国産車のメリットですね。

 

車検は通るけど整備はしておいた方がいいよ、ということでブレーキパッドとオイル交換も勧められています。

 

 

3.レクサスディーラーの車検見積もり

私の行きつけのディーラーでも車検の見積もりを頂きました。

その結果が下記の画像です。

f:id:PlatinumLife:20170313180232j:plain

f:id:PlatinumLife:20170313180240j:plain

基本料金¥35,200に、法定費用¥59,730で合計約¥95,000です。

見積金額が20万円となっていますが、これはついでに交換を推奨するもの、とのことでした。

 

実際に替えなくてはいけないのは、発炎筒とサイドターンシグナルランプです。

サイドターン シグナルランプは飛び石でひびが入ってしまったようで、車検を通すためには修理必須とのこと。おそらくオートバックスは故意にか偶然かは分かりませんが、見落としていたのでしょう。見積もりを安く見せる方が注文を受けやすいですからね。

 

f:id:PlatinumLife:20170314225320j:plain車検の見積もりをお願いしただけなのに、ラウンジに案内してもらい、カプチーノとをお茶菓子をそれぞれお代わりまでしてしまったことは内緒です(笑)クッキーもカプチーノもすごくおいしいんですよね。

 

4.カー用品店とディーラーの比較

それぞれの見積もりがどう違うのか、パッと見た感じでは分かりにくいので、オートバックスとレクサスディーラーの費用を項目ごとに並べて比較してみました。

 

作業内容・使用部品 オートバックス レクサスディーラー
部品油脂 技術料 部品油脂 技術料
車検基本料金
24ヶ月定期点検基本料金    18,000   31,960 
レクサスTaSCAN診断       3,240 
陸運局代行手数料       10,800 
テスター検査料       18,360 
車検基本料金合計 18,000 64,360
法定費用
重量税   32,800    32,800 
自賠責保険料   27,840    25,830 
印紙代   1,100    1,100 
法定費用合計

59,730

(61,740)

59,730
推奨点検項目
冷却液取替     3,121  5,184 
ラジエータキャップ取替     983 
ブレーキフルード取替     1,793  3,780 
エンジンオイル取替     6,550  1,296 
オイルフィルタエレメント取替     1,274  5,184 
クリーンエアフィルタ取替     4,320 
エアクリーナエレメント取替     3,348 

フロントワイパーラバー左右取替

    1,782  1,188 
発炎筒取替 646    788   
フロントディスクブレーキ取替 12,000  2,000  13,187  2,052 
リアディスクブレーキ取替 11,000  2,000  8,251  2,376 
サイドターンシグナル取替 12,000  4,000  12,096  3,888 
推奨点検合計 43,646

82,441

車検料金合計 121,376 206,531

それでは項目ごとに見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

   

基本料金

もういきなり基本料金から違いますね。

ただし、レクサスディーラー以外の場所で車検を受けると、レクサスは新車で購入した時の保証が切れてしまいます。

 

レクサスとしてもいい加減な場所でいい加減な検査を受けて、故障が生じたものまで保証できないですからね。

 

そう思うときちんと検査をしている分高いのはしょうがないかもしれませんね。

レクサスTaSCAN診断料金

GTSという専用の端末を使い車載ECU(車に乗せているコントローラ)のエラー情報を読み取ります。それによって故障を未然に防いだり、劣化しているところを洗い出したり出来ます。

 

この辺りは車検を通すだけの店舗と、きちんとメンテナンスを提案する、というレクサスの考え方が違うのでしょう。

 

その分コストにつながるのは仕方のないことですね。

陸運局代行手数料

車検は受けるだけで終わりではなく、きちんと陸運局に申請し、新しい車検証をもらわなくてはいけません。そのための手続き費用です。

 

陸運局は平日しかやっていないので、サラリーマンが行こうと思うと大変です。

 

ただ、代行手数料をとるのはディーラーくらいです。そう思うとちょっと納得いかない費用ですね。

 

テスター検査料

車検の項目を正しく測定するために、それぞれの検査機器をきちんと校正する必要があります。

 

校正とは値が正しく計れるようにメンテナンスをすることです。

ずれた計測器で測定をしても意味ないですよね。

 

自賠責保険料 

法定費用である自賠責保険料がオートバックスとレクサスディーラーで異なるのはおかしいと思いませんか?実はこの話には裏があるんです。

 

自賠責保険料は2017年4月1日から値下がりをします。

オートバックスの自賠責保険料は2017年4月1日までのもの。

レクサスの自賠責保険料は2017年4月1日以降のもの。

 

見積もりを取ったのが3月11日ですので、どちらも正解といえば正解です。

ただし実際に車検を受けるのは5月以降となるため私の記事ではレクサスの値を採用することとします。

 

オートバックスがどこまでわかって金額を算出しているかわかりませんが、指摘しないと5月に車検を受けてもこのままの金額となるかもしれません。数字は一つ一つきちんとみないといけないですね。

 

重量税と印紙代については固定金額なので割愛します。

 

冷却液交換

レクサスはスーパーLLCを採用しています。

通常のLLCでも4年は持つものもです。

 

スーパーLLCなら期待寿命7年と言われています。

よって今回は交換見送りとしたいと思います。

 

 

ブレーキフルード交換

ブレーキオイルの交換も4年に一度が目安と言われています。

 

前回の車検で交換しているので今回も見送りです。

 

エンジンオイル交換

レクサス星が丘店はエンジンオイルの交換は7,300円で均一料金となっています。

 

そのはずなのに、車検で交換すると¥7,846になっており、値引きもありません!

ついでの作業だから通常より安いならまだしも、さり気なく吹っかけてくる感じは少し信頼感を損ないますね。

 

700万円の車に対して、高々546円でギャーギャー騒ぐ極貧レクサスユーザーは私くらいのものでしょう。

 

でも納得いかない費用には一切払うつもりはありません!!

だってそうやってトヨタものしあがってきたんでしょう?

 

スポンサーリンク

   

オイルフィルタエレメント交換

長いこと交換していなかったので、そろそろ交換が必要です。

仕方がない、払いましょう。

 

フロントワイパー ラバー交換

ぼったくりもいいとこですね。

作業費1,188円も、部品費1,782円も。

 

素人でも出来る作業なので、費用を払う気になれません。

 

じゃあなぜレクサスが提案してくるか、お分かりでしょうか。

 

車の維持費として領収書を発行したい方もいるからです。

社有車として利用している個人事業主などは、全部まとめてメンテナンスしたいからです。

 

発炎筒

レクサスとオートバックスで値段が違いますね。

当然と言えば当然ですが。

 

みなさんならどちらで買いますか?

 

私はどちらでもありません。

 

私はamazonで買います。

amazonなら送料無料で500円程度です。

 

車検を通すだけならメルカリやラクマなどのフリマアプリでも販売しています。2年程度の期限が残って送料込400円程度なので、悪くはないかもしれないですね。

 

ブレーキパッド

実はオートバックスより、レクサスディーラーの方が安いという衝撃の事実!

タイヤ交換の時にも話をしましたが、 実はディーラーの方がお得なこともありますので、見極めが肝心です。

 

ブレーキパッドをお得に交換した記事です。参考にしてください。

レクサス乗るなら絶対知っておいてほしい!レクサスGSのブレーキをお得に交換する裏技!

 

よければ下記記事も参考にしてください

これでもうタイヤ交換も怖くない!5万円安くするとっておきの裏技

 

サイドターン シグナルランプ

いわゆるミラーについているウインカーです。

 

どうやら飛び石で破損してしまったようで修理が必要です。

劣化や維持のための費用ではありませんが、修理しないと車検に通らないので仕方ないです。

 

オートバックスで交換が出来ないか聞いてみたところ、部品を取り寄せて交換になるとのことでした。結局ディーラーと変わらないか、ひょっとするとディーラーより高くなるかもしれません。

 

そう思うとレクサスって良心的ですよね。

 

 

5.まとめ 

レクサスディーラーで車検を受けるか、オートバックスなどのカー用品店で受けるかは好みによるところかと思います。

 

年数がいった車で、あまり手をかけたくない、次故障が出たら買い換えればいいや、という段階まで来たらコストをかけずに車検を通すのも十分ありかなと思いますね。

 

上にも書きましたが、レクサスはきちんとした保証をするためにきちんとした対応をしています。レクサスが高いといわれるのはいい部品を使っているからです。決してぼったくっているわけではありません。

 

9年目15万キロ走行の車検にもかかわらず、車に全く問題がなく、これほど安く済むのはやはり車自体がいいからだと思います。アウディやBMW、ベンツよりもダントツで安いのは言うまでもなく、クラウンやフーガなどの国産車よりも安いのではないかと思ってしまいます。

 

11年目の車検までは通すつもりでいるので、今回はレクサスディーラーで受ける可能性が高いと思います。

 

いいものを長く、安く使うことが出来ると思うとレクサスもいい買い物だと思えないでしょうか? 

 

 

レクサスの魅力についてはこちらの記事でも紹介しています。

3年間レクサスに乗ってみて分かったこと

憧れのレクサス!気になる維持費はどのくらい?実際の費用を大公開!!

AD