貧乏サラリーマンが贅沢な人生を満喫できる秘訣

アメックスプラチナカードと海外旅行に関するTIPSを盛りだくさんでお伝えしていきます!

年会費実質無料なのに還元率6%以上!旅行好きなら絶対持ちたいSPGアメックスカードの魅力

還元率6%以上なのに年会費が実質無料という最強クレジットカードがあります。なおかつ世界最大の高級ホテルグループマリオットグループの上級会員になることが出来、どこへ行ってもVIP待遇。しかもアメックスゴールドカードと同等の特典です。

私はアメックスプラチナカードを持っていますが、メインで使っているのはもちろんSPGアメックスです。この記事ではあまりに魅力的過ぎるその特典内容を紹介します!!

 

SPGアメックスカードとは

f:id:PlatinumLife:20181028112141j:plain

スターウッドプリファードゲスト(SPG)というホテルグループとアメックスが提携したカードです。

 

SPGというとあまり聞いたことがないと思いますが、シェラトン、ウェスティン、セントレジスといった高級ホテルならよく知っているのではないでしょうか。

 

実はこのSPGですが、リッツ・カールトン、マリオットと合併し世界で最大のホテルグループとなりました!29ブランド、6700のホテルグループとなっています。

 

 

クレジットカードを持つだけで上級会員資格がもらえる!

SPGアメックスカードのすごいところはクレジットカードを持つだけでSPGグループのゴールドエリート会員資格がもらえてしまうことです!

 

SPGカードのゴールドエリート会員資格は通常なら高級ホテルに50泊してもらえる資格です。達成するのがなかなか難しいだけあって、その特典は嬉しいものばかり。

 

ゴールドエリート会員の魅力的な特典は下記のものがあります!

ルームアップグレード

これはかなり嬉しいですよね!

 

スタンダードルームで予約していたのにクラブルームにアップグレードされてラウンジを無料で使うことが出来た、なんて話はよくあります!

 

PM2時までのレイトチェックアウト

これはありがたい人と利用しない人に別れるかもしれませんね。

 

町に滞在している時やフライトが午後の場合ならランチを食べた後にシャワーを浴びてからチェックアウト、という使い方が出来るのは非常にありがたいですね。 

 

25%のボーナスポイント

通常のホテルやレストラン利用では1USドル利用ごとに10ポイントのマリオットポイントがもらえます。

 

ゴールドエリート会員の場合は25%のボーナスがつくので1USドル利用ごとに12.5ポイントもらえることになります!

 

ではマリオットポイントの価値はどれくらいなのか、は後ほど解説します!

 

グループホテルでの食事が15%オフ

ゴールドエリート会員ならグループホテルでのお食事が15%オフになります!

もともとが高級ホテルグループなだけに、雰囲気も味も最高です!

 

こちらはリッツカールトン京都の水暉で食事をしたときの様子です。

f:id:PlatinumLife:20181028113835j:plain

レストランはこのような豪華な内装です。

 

f:id:PlatinumLife:20181028113826j:plain

お重の料理で材料などもすごくこだわっていました。

 

f:id:PlatinumLife:20181028113824j:plain

最後のデザートはピエールエルメの特製デザートです。

 

こちらはセントレジスのレストランで食事をした時です。

f:id:PlatinumLife:20181028154136j:plain

内装はモダンな雰囲気

 

f:id:PlatinumLife:20181028152311j:plain

前菜はとても華やかな盛り付けです。

 

f:id:PlatinumLife:20181028152323j:plain

スープは風味が濃厚で

 

f:id:PlatinumLife:20181028154320j:plain
メインのラムも全く臭みがありません。

 

 

 

 

SPGアメックスのポイントについて

SPGアメックスカードは100円利用毎に3マリオットポイントがもらえます

 

通常のアメックスゴールドやプラチナは100円利用毎に1アメックスポイントがもらえます。

 

ちなみに、2018年12月31日までの特典にはなりますが、SPGグループでのホテル、レストラン利用なら6マリオットポイントもらえます!

 

ところで1マリオットポイントはどれくらいの価値なのでしょうか。

 

マリオットポイントの価値について

SPGアメックスを語る上で重要になってくるのはやはりマリオットポイントの価値ですね。

 

マリオットポイントは航空会社のマイルに交換したりマリオットグループのホテルに利用したり、金券などに交換することが出来ます!

 

それぞれの方法がどの程度の還元率なのか見ていきたいと思います。 

 

マリオットポイントをマイルに交換する場合

マリオットのポイントは通常3ポイントを1マイルに交換することができます!

 

1マイルの価値を2円とすると、これだけでも利用金額100円⇒1マイル⇒還元率2%です!

 

実は60,000ポイントを交換すると20,000マイルに加えてボーナスとして5,000マイルがもらえるんです!

 

そのため、利用金額200万円で25,000マイルがもらえるので、換算すると100円で1.25マイルたまることになりますね。この場合の還元率は2.5%以上になります!

 

マリオットポイントの大きな魅力は有効期限がないことです。

 

正確には18カ月という有効期限があるのですが、期限内にポイントの増減があれば、最後の増減から18ヶ月間、全てのポイントが延長となります!つまり、SPGアメックスカードを持っている間は実質的にマイルを無期限で貯めることが出来るんです! 

 

また、マリオットポイントはANA、JALを含む世界で50以上の航空会社のマイルに交換が可能です!

 

JALカード、ANAカード、SPGアメックスカードを比較

各社のクレジットカードを比較してみました!

カード種類 JAL
カード
ANA
カード
SPG
カード
100円利用獲得マイル時
一般/特約店
0.5/1.0 0.5/1.0 1.25/2.5

有効期限
ポイント/マイル

-/3年 2年/3年 なし/3年

フライトボーナスマイル

10~25% 10~50% なし

マイルの交換先

JALのみ ANAのみ

ANA、JALを含む

50社以上のマイルに

交換可能

特典航空券を

利用できる

航空会社数

ワンワールド系

エールフランス

中国東方

大韓航空

アラスカ

バンコクエア

エミレーツ

ジェットスターなど

計22社

スターアライアンス

ガルーダ

ベトナム

ドロミティ

マカオ

エティハド

ジャーマンウィング

ハワイアン

ジェットエア

フィリピン

ヴァージンアトランティック

など

計37社

 

 

  特典航空券は

80社以上に

交換可能

年会費

2160円~ 2160円~ 31000円
(実質無料)

 

スポンサーリンク

   
還元率

還元率だけで見てもANA、JALに比べてSPGが有利です。

年間利用金額が多い人ならこれだけでSPGを保有する理由になりますよね。

 

有効期限

次に有効期限を見てみるとJALは利用金額に応じてそのままマイルが付与されてしまい3年で失効してしまいます

 

次にANAですが、自動移行ではなく手動以降としておけばマイルではなく、ポイントとして手元に貯めることが出来ます。このポイントの有効期限は2年です。

期限が来るぎりぎりまでポイントとしておき、期限が来たらマイルに変換してしまえば良いわけです。

マイルの有効期限はマイルに交換してから3年です。

 

SPGはポイントを無期限に貯めておくことが出来るためじっくりと貯めることが出来ます。マイルを使いたいタイミングが来たら交換をすればよいのです。

 

フライトボーナス

ANA、JALカードは航空会社が発行していることもあり、フライトボーナスといった魅力的な特典があります。SPGはホテルグループのためフライトボーナスはありません

 

とはいえ、本当にフライトボーナスは有効なのでしょうか。

 

例えば 羽田 ⇔ 那覇 を年2回旅行に行くとします。

羽田~那覇 のフライトマイルは984マイルです。

 

例えばボーナスマイル付与率10%の場合だと

 

984マイル × 往復 × 2回 × ボーナス率10% の場合、393マイル にしかなりません。

 

年間100万円(毎月8万円)利用する人なら、ボーナスマイルの393マイルはもらえませんが、還元率が0.25%多いことから、なんと2500マイルも多くもらえることになりますね!

 

 ANAカードやJALカードに比べてSPGカードの方が圧倒的にお得なんです!!

 

特典航空券を利用できる航空会社

例えばJALの場合、所属しているワンワールド系航空会社12社のほかに、JALが独自で提携しているエールフランス、大韓航空、エミレーツといった22社の航空会社と提携しています。JALのマイルを貯めることで、これらの航空会社の特典航空券を利用することが出来るのです。

 

また、ANAの場合は世界最大の航空連合であるスターアライアンス系航空会社27社のほかにエティハド、ハワイアン航空、ヴァージンアトランティックといった38社の航空会社と提携しています。ANAのマイルを貯めることで、これらの航空会社の特典航空券を利用することが出来るのです。

 

ではマリオットポイントはどうかというと、ポイントの交換先としてJALやANAはもちろんのこと、デルタ航空やエールフランスKLMといったスカイチームに所属する航空会社やエミレーツ、エティハド、ヴァージンアトランティック独自グループの航空会社のマイルに交換することも可能なんです!目的地に応じて有利なマイルに交換できるのが最大のメリットです

 

SPGカードでマリオットポイントを貯めることはANAやJALのマイルを貯めることの上位互換となっているのが分かります。 

 

カードの年会費について 

JALカード、ANAカードの年会費は一番安いもので2000円~となっています。

 

1マイルの単価が2円とすると年間で100,000円利用すれば元が取れる計算です。

 

対してSPGアメックスカードの年会費は31,000円+税となっています。

ただし、入会後3カ月以内に10万円利用することで計39,000ポイントをもらうことが出来るんです!

 

これだけでも13,000マイルに交換することが出来ますよね!

 

年会費についての詳しい説明は後述させて頂きます。

 

ANAに対しても年間移行上限マイルなし

アメックス、ダイナースで最近発表されたとんでもない特典改悪がANAマイルの年間以降上限の強化です。

 

従来までは1年間で移行できるANAマイルの上限は80,000マイルでした。

 

しかし今年から制度が変更となり、年間の移行上限マイルは40,000マイルになるとのことです。

 

どれだけアメックスポイントを持っていても40,000マイルであり、3年間で120,000マイルまでしか貯まりません。3年間でマイルが失効してしまうので、夫婦でビジネスクラスでヨーロッパなどは不可能となりました。

 

しかし、マリオットポイントからANAマイルへの年間移行上限マイルはありません。

 

ポイントがたまれば貯まった分だけANAマイルへ交換することが出来ます

 

交換レートもよく、年間移行上限もないとなると、非常に使いやすいですね。

 

スポンサーリンク

   

マリオットポイントをホテル特典として使用する場合

SPG・マリオットはホテルグループだけあって、マリオットポイントのまず一番の使い道はホテルで使うことです。

 

まずそもそも日本国内でSPG・マリオットグループのホテルがどれだけあるのか、一覧を下記に纏めました。

 

都道府県 ホテル名 カテ
ゴリ
公式価格

(参考)

楽天

一休

価格

必要
ポイント数
ポイント
単価
日付
北海道 シェラトン北海道キロロリゾート 5 66,500

70,000

(朝食込)

35,000 1.90 1/1
北海道 キロロ トリビュートポートフォリオホテル 5 72,675

75,000

(朝食込)

35,000 2.08 1/2
北海道 ウェスティン ルスツリゾート 7 94,221 117,825 60,000 1.57 1/1~3 
北海道 フォーポイントバイシェラトン函館 4 11,970 14,900 25,000 0.48

12/31

宮城 ウェスティンホテル仙台 5 36,440 33,900 35,000 1.04 1/1
東京

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町
ラグジュアリーコレクションホテル

7 64,730 57,024 60,000 1.08 12/6
東京 ザ・リッツ・カールトン東京 7 195,146 201,604 60,000 3.25 1/1
東京 ウェスティンホテル東京 6 51,000 61,020 50,000 1.02 11/24
東京 シェラトン都ホテル東京 6 27,000 30,294 50,000 0.54 1/26
東京 ザ・プリンス さくらタワー東京
オートグラフ コレクション
6 63,402 66,528 50,000 1.27 12/31
東京 東京マリオットホテル 6 55,353 56,074 50,000 1.11 1/1
東京 モクシー東京錦糸町 5 26,719 27,265 35,000 0.76 1/1
東京 コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 5 39,901 41,980 35,000 1.14 11/30
東京 コートヤード・バイ・マリオット
東京ステーション
5 37,240 41,580 35,000 1.06 10/15
千葉 シェラトン・グランデ・
トーキョーベイ・ホテル
6 67,450 71,400 50,000 1.35 1/1
神奈川 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 5 34,927 35,640 35,000 0.99 1/1
山梨 富士マリオット・ホテル山中湖 5

79,468

35,000 2.27 3/3
長野 軽井沢マリオットホテル 5 76,332 87,674 35,000 2.18 12/30
静岡 伊豆マリオットホテル修善寺 5 37,240 23,760 35,000 1.06 1/6
愛知 名古屋マリオットアソシアホテル 5 49,500 33,500 35,000 1.41 1/7
愛知 フォーポイントバイシェラトン
名古屋 中部国際空港
? ? ? ? ? ?
滋賀 琵琶湖マリオット・ホテル 5 44,308 64,452 35,000 1.27 4/28
京都 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 7 101,574 77,420 60,000 1.69 12/22
京都 ザ・リッツ・カールトン京都 7 275,240 279,450 60,000 4.59 4/21
京都 ウェスティン都ホテル京都 5 44,650 55,836 35,000 1.28 12/30
大阪 セントレジスホテル大阪 7 152,145 130,410 60,000 2.54 12/22
大阪 ザ・リッツ・カールトン大阪 7 111,138 110,600 60,000 1.85 12/22
大阪 大阪マリオット都ホテル 6 77,220 59,400 50,000 1.54 1/2
大阪 ウェスティン大阪 5 42,750 50,000 35,000 1.22 11/10
大阪 コートヤード新大阪ステーション 5 38,372 36,830 35,000 1.10 11/17
大阪 シェラトン都ホテル大阪 5 36,260 37,000 35,000 1.04 12/23
大阪 モクシー大阪本町 5 31,601 33,264 35,000 0.90 12/29
兵庫 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5 35,600 46,600 35,000 1.02 11/10
兵庫 ウェスティンホテル
淡路リゾート&コンファレンス
5 25,111

32,400

(朝食含)

35,000 0.72 1/5
和歌山 南紀白浜マリオットホテル 5 77,140 52,572 35,000 2.20 11/4
徳島 ルネッサンス・リゾート・ナルト 5 37,556 35,000 35,000 1.07 12/23
広島 シェラトングランドホテル広島 5 43,120 44,000 35,000 1.23 12/31
宮崎 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 5 37,430 46,400 35,000 1.07 8/12
沖縄 イラフ SUI
ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古
? ? ? ? ? ?
沖縄 ザ・リッツ・カールトン沖縄 7 161,459 164,755 60,000 2.69 5/3
沖縄 オキナワ マリオット リゾート&スパ 6 87,000 - 50,000 1.74 8/12
沖縄 ルネッサンス・オキナワ・リゾート 6 93,139

-

50,000 1.86 7/1
沖縄 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 6 87,400 - 50,000 1.75 8/10

 

北海道に4つ、東京に9つ、京都大阪で10、沖縄で5つです。その他の地域を合わせると国内だけで40以上ものホテルがあるんです。

 

そしてこれらのどれもが、誰もが羨む高級ホテルなのです!

 

カテゴリで示される1~7までの数字はホテルのランクを表しています。

数値が大きいほど高級なリゾート、小さいほどカジュアルなホテルを意味しています。

 

一覧表にはマリオットポイントで泊まれる日のうちで一番公式価格が高い日と、必要なポイント数、その日付を表示しています。つまり、一番ポイントが効果的に使うことが出来るタイミングです。公式サイトの価格よりも楽天トラベルや一休の方が安い金額で出ているかも知れませんので同じ条件で検索した時の価格を載せています。

 

ポイント単価は 公式サイトの価格÷必要ポイント数 として算出しています。

 

マリオットポイントの単価が高い、というのはポイントの価値が高い、ということです。

1位: ザ・リッツ・カールトン京都

ポイント単価4.59は他を圧倒しています!

 

もともとホテルの金額の高い京都の中でも、リッツカールトン京都は最安値でも6万円を超えてきます。紅葉シーズンなど少し人気のある時期ならすぐに10万円、15万円という金額になってしまうホテルです。 

 

それが土日でも6万ポイント均一で泊まれてしまうのは本当にお得と思います!

 

2位:リッツカールトン東京

ミッドタウンに併設された高級ホテルです。

こちらも最高値のポイント単価は3.25とものすごくお得です。

 

六本木のど真ん中にある高級ホテルは最高値以外でも宿泊費は高止まりしています。

ポイントを使ってお得に泊まりたいところですね。

 

3位:リッツカールトン沖縄

ポイント単価の高い3位はリッツカールトン沖縄です。

 

こちらも評価の高いホテルですね。

 

リッツカールトンが単価上位を独占 

面白いことに上位3つがリッツカールトンで独占です。その後はセントレジスやマリオットなどの高級ブランドが続きます。ポイントをうまく使うことで高級ホテルとして有名なリッツカールトンにお得に泊まるチャンスですね。

 

個人的に嬉しかったのは利用する先が高級ホテルということです。

 

例えば「貯めたポイントはアパホテルや東横インでお得に利用できます!」なんて条件が出てきたら悲しくなってしまいますね。(これらのホテルをけなすわけではありませんが、いつかはこのホテルに泊まりたいという憧れを抱くことはまずありませんね)

 

使えるホテルがリッツカールトンなら、いつかは泊まってみたいと思いますね。

 

 

特典利用にブラックアウトなしは大きな魅力

また、こういうサービスって土日除外、年末年始やお盆、GWは除外と言った塩対応が多いですが、マリオットポイントでは繁忙期に取る方がお得という神対応!!

 

もちろん競争の激しいタイミングなので早めの予約は必要ですが。

 

それでも普段ならホテルが高いから、と敬遠してしまいがちな時期でも積極的に旅行したくなってしまいますね。

 

むしろたとえ近所でも、高級ホテルでゆっくりするためだけに宿泊したくなりますね。

 

マリオットポイントの単価は?

それではマリオットポイントの単価は?と問われるとどのように回答するべきなのか。

 

先程の表を見て頂ければ、使うホテルによって大きく異なる、というのが分かるかと思います。

 

とはいえ、何がしかの指標を出すとしてみます。

 

マリオットポイントが使えるホテルは国内で43か所(近日開業予定含む)ありますが、

その上位21か所(上位50%)の単価の平均を取ってみると 2.05 円/ポイント です。

 

これが一つの目安になるのではないかと思います。

 

1ポイント2円。100円で3ポイントもらえるので還元率は6%以上ですね!

 

リッツカールトン京都で使うならなんと実質13%以上です!!

単価が低い日もある 

もちろん、先に述べた単価は最高値からの算出です。

 

最高値の日だけでなく、その他の日でも予約の多い日は宿泊費が値上がりすることはあります。でもいつも高いわけではなく、やはり予約の入りにくい日は宿泊費も下がります。そんな日はポイント単価も低くなってしまいます。

 

ではそんな日はどうするといいでしょうか。

 

そんな日はポイントにこだわらずに現金で取ってしまえばいいんです。

 

SPGカードを持っていると通常のポイントに加えてボーナスポイントが25%も付くので、安い日なら現金で泊まるのもかなり美味しいですよ。

 

公式価格も結構お得

例えばリッツカールトン京都について価格を比べてみると

 

 公式価格:275,240円 (SPGゴールド会員価格です)

 楽天価格:279,450円

 

上記の通りとなります。

 

楽天の場合は1%の還元ボーナスがあるので2,794ポイント獲得可能です。

 

公式サイトからの予約の場合はマリオットポイントがもらえます。

 

内容 ポイント数 割合
①基本ポイント 25,021 1米ドルにつき10ポイント
②ボーナスポイント 6,255

ゴールド会員は基本ポイントの
25%をボーナスとして獲得可能

③ウェルカムポイント 500 公式サイトからの予約の場合
ウェルカムポイントとして500ポイント獲得可能
④SPGカードポイント 16,514 100円につき6ポイント獲得可能
合計 48,290 ①~④の合計

 ④については楽天で予約をしてももらうことが出来ます。

 

 公式価格:275,240円 + 48,290マリオットポイント

 楽天価格:279,450円 + 2,794楽天ポイント  + 16,514マリオットポイント

 

1マリオットポイント2円、1楽天ポイント1円で換算して見ると

 

 公式価格:178,660円

 楽天価格:243,628円

 

公式価格が圧倒的に安い!!!

 

もちろんこれは極端な例であり、一泊30万円近いホテルに現実的に泊まることはないと思います。

 

ただ、何がいいたかったかというとSPGは公式サイトが旅行サイト以上に安くてお得ということです。公式サイトが使いにくいホテルはやがて使わなくなりますからね。

 

SPGアメックスカードの年会費について

SPGアメックスカードの年会費は¥31,000+税です。

消費税8%だとすると¥33,480です。

 

クレジットカードの年会費と言われると決して安くはありません。

ただ、それでも私はこの年会費は激安だと思うし、プラチナカードを持っているでもSPGアメックスカードをメインカードに使っている人は驚くほど沢山います!

 

実際にはSPGアメックスの年会費はタダみたいなものだからです。

 

 

SPGアメックスの年会費が実質無料な理由

なぜSPGアメックスの年会費が無料かというと、まず1年目は条件を満たすことで入会ポイントとして36,000ポイントをもらうことができます

 

1ポイント2円、リッツカールトン京都だと4円以上の価値となるマリオットポイントなので、2円の場合でも72,000円分、4円の場合だとなんと144,000円分の価値に相当します!これはもう年会費¥33,480よりも圧倒的にお得ですよね!

 

また、2年目以降については毎年更新時に無料宿泊券がもらえるんです!!

この宿泊券、もちろんピークシーズンにも使うことが出来ます。

この宿泊券は50,000ポイント以下のホテルならどこでも使うことが出来ます

 

50,000ポイントの中にはどのようなホテルがあるのでしょうか。

ホテルの分類を下記の3つにわけてみました。

①宿泊対象外ホテル 10か所

 リッツカールトンやセントレジスなど8か所

 未開業ホテル2か所

②無料宿泊券で宿泊可能で年会費よりも高いなホテル 28か所

③無料宿泊券で宿泊可能で年会費よりも安いホテル 5か所

 

日本国内だけで見ても43ホテル中28ホテル、実に65%のホテルでお得、という結果になっています。

 

使用することができるのもシェラトン、マリオット、ウェスティンを中心とした高級ホテルです。 

 

また、沖縄のホテルは夏休み中ピーク料金が続きます。

夏休みに沖縄のマリオットやシェラトン、ルネッサンスに宿泊するなら、SPGアメックスカードを持つことで半額以下で宿泊できることになります!

 

年会費よりも安いホテルが5か所ある、といいましたが、あくまでも年会費相当分をホテル宿泊で回収しようと思うと割が悪くなってしまうだけであり、還元率6%のカードを格安で持つことができることには変わりません。

 

36,000ポイントをもらうための条件とSPGカードのお得な入手方法

36,000ポイントをもらう条件とは、3カ月以内に10万円を利用すること!

旅行や出張などがあると、こんな条件なんて1日で達成してしまうのではないでしょうか(笑)

 

実はこの入会ポイント、紹介から申し込んだ場合の特別待遇なんです。

通常のアメックスのサイトから申し込んだ場合は30,000ポイントになってしまうのでご注意ください。

 

下記のリンクから申し込むことで36,000ポイントをもらうことが出来ます。

 

amex.jp

 

またリンクよりもさらにおすすめなのがアメックスの営業担当者からの申し込みです。

もらえるポイントはもちろん36,000ポイントですが、営業担当者とのコネもできます。

アメックス担当者からの申し込みについては下記をどうぞ!

 

タイトルはプラチナカードを、となっていますが、それ以外のカードももちろんお得に入手できますよ!

www.platinum-traveler.com

 

SPGアメックスカードのまとめ 

・マリオット、SPG、リッツグループのゴールドエリートランク付与

・利用金額100円で3ポイント貯まる

・貯まったポイントは3,000ポイント⇒1,000マイルに交換可能

・60,000ポイントを一気に交換する場合、5,000マイルのボーナスがもらえる!

 なんと60,000ポイント⇒25,000マイル!!

・ポイントはJAL、ANAを含む40以上の航空会社に交換可能

・ANAに対しても年間移行上限ポイントなし!!

・ポイントは有効期限なし

・ホテル宿泊として使うと最大4円/ポイント以上!

・上位50%でも2円/ポイント以上

・年会費は33,480円

・50,000ポイントまでのホテルで宿泊できる無料宿泊券が毎年もらえる!

・保険などはアメックスゴールドカードと同等!

 

いかがでしたでしょうか。

SPGアメックスカードはとても使いやすく、プラチナカードホルダーでもSPGをメインにしている人が数多くいます。旅好き

広告