貧乏サラリーマンが贅沢な人生を満喫できる秘訣

アメックスプラチナカードと海外旅行に関するTIPSを盛りだくさんでお伝えしていきます!

出張で得するANAのマイルの使い方!少額マイルも上手に使いきる裏技!

「どうせあまり飛行機に乗らないから」といってANAのマイルを捨ててしまっている人っていないですか?特典航空券に交換するほどのマイルが貯まらなくてもお得に使う方法があるんです!この記事ではANAのマイルのお得技を紹介します! 

 

 少額のマイルって使い道に困ってない?

 10,000マイルを貯めるのはどれだけ大変か

 特典航空券以外にも使えるANAマイル

 10,000マイル未満はスカイコインに交換するのがお勧め!

 スカイコインで航空券を買った場合の領収書 

 スカイコインに交換することでマイルの期限が伸ばせる!

 

 

少額のマイルって使い道に困ってない?

飛行機って、実は年に数回しか乗らない人がほとんどではないでしょうか?

 

マイルを貯めて家族でハワイへ、なんて話を聞くと羨ましくなってしまいますが、真似をしようと思うと現実的にはとても難しいですよね。

 

国内線でも特典航空券への交換は往復の場合、最低でも10,000マイル必要です。

夫婦二人だと思うと最低でも20,000マイル必要です。

 

国内線に年数回乗る程度では到底たどり着けるマイル数ではありませんね。

 

10,000マイルを貯めるのはどれだけ大変か

例えば羽田⇔千歳の往復をしたと仮定します。

 

旅割55だと予約変更はできませんが片道¥8,490で382マイルもらえます。

普通運賃だと予約変更できますが、片道¥37,790で510マイルもらえます。

 

まぁ個人旅行なら旅割55を選ぶ人が多いでしょうね。

 

そうすると一往復のフライトで764マイルもらえますので、

10,000マイル貯めるのに必要なフライト数は

 

 10,000 ÷ 764 = 13.1

 

約13回の往復フライトが必要になります。 

 

ANAのマイルの有効期限は3年なので約4カ月に1回旅行しなくてはいけませんね。

 

半分以上の人がこの数字を聞いて、マイルを貯めるのを諦めてしまいますね

 

 

 

特典航空券以外にも使えるANAマイル

マイルというと特典航空券の利用が真っ先に思い浮かびますが、実は航空券以外にも交換できるんです。

 

交換できる物の例としては下記のようなものがあります。

 

・ANAスカイコイン

・スターバックスカード

・楽天Edyポイント

・Tポイント

・楽天スーパーポイント

・nanacoポイント

 

現金と同じように使えるポイントばかりなのでとても汎用性が高いですね!

 

実質的に1マイル=1円として利用することが出来ます

 

ただし、この方法には落とし穴があります

 

実はマイルをスカイコイン以外のポイントに交換する場合

最小単位が 10,000マイル=10,000ポイント となります。

 

つまり9990マイルの人はポイントに交換できないんです。

 

 

10,000マイル未満はスカイコインに交換するのがお勧め!

今までの内容から、10,000マイル未満は話にならないことが分かります。

 

では10,000未満のマイルを活用するためにはどうするとよいのでしょうか。

 

実はスカイコインなら 1マイル=1スカイコインで交換することが出来るんです!

 

たとえ100マイルしかなくても100スカイコインに変えることが出来ます! 

 

スカイコインはANAショッピングサイトや機内販売、航空券代金や旅行代金の支払いに充てることが出来ます。

 

機内販売やANAショッピングなら現金と同じようにも使えますが、欲しいものがない場合は無理にスカイコインを使っても本当にお得かどうかはわかりませんね。 

 

 

スカイコインで航空券を買った場合の領収書 

ANAのスカイコインはどのように使うのがお得なのでしょうか。

 

出張でANAを利用する人の場合はスカイコインを現金化することが可能です!

ただし自分でチケットを購入し、領収書で精算する場合に限ってしまいますが。

 

私は名古屋から札幌までの運賃のため往復で¥77,020です。

 

クレジット一括で買った場合は下記のような領収書がもらえます。 

この時は2時間の打合せのためだったので、何にもいいことがない出張ですね。

f:id:PlatinumLife:20171203233947j:plain

 

これに対して支払いにスカイコインを含む場合はどうなるでしょうか。

 

その領収書がこちらです。

f:id:PlatinumLife:20171203234010j:plain

合計金額¥77,020に対してスカイコインが¥520分、残りの¥76,500がクレジットカードでの支払いです。

 

領収書の額面から分かるように、私が支払った金額は¥77,020であることを証明してくれます。

 

これはANAが520スカイコインの支払い分を¥520分の現金を支払ったと同等とみなしてくれているので出来る技です。

 

実際に私がお金として払ったのはクレジットカード¥76,500ですが、この領収書のおかげで会社からは¥77,020が振り込まれます!つまり520スカイコインをまんまと現金化できたことになります!!

 

例えば楽天ゴールドカードの1500円引き宿泊の場合は、領収書の額面から1500円引かれてしまうためこのような技を使うことが出来ません。ANAだからこそできる技ですね。

 

もちろん、サラリーマンだけではなくて、個人で得割航空券で旅行をする場合でも保有するスカイコイン分がそのまま割引になるのでお得ですよ!

 

ちなみに私がスカイコインを使用するときはいつもクレジットの支払金額が100円単位となるようにします。今回の場合、530スカイコイン支払ってしまうとクレジットカードで¥76,490の支払いとなります。こうなると獲得できるマイル数が減ってしまうからです。

 

 

スカイコインに交換することでマイルの期限が伸ばせる!

マイルをスカイコインに交換するメリットはマイルの期限が伸ばせることです!

 

マイルの期限は通常3年ですが、スカイコインはマイルから交換してから1年です。

 

例えば2010年2月に1000マイル獲得したとします。

2013年の2月にはこのマイルが消滅してしまいす。

そこで2013年1月に1000マイルを1000スカイコインに交換すれば、このスカイコインの有効期限は2014年1月になります!

 

 

いかがでしたでしょうか?たとえ少額のマイルでも、「どうせ使わないから」と捨ててしまうのではなく、少しでも有効に活用することでお得に旅をしてください!

AD