読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PlatinumLife’s blog

アメックスプラチナカードと海外旅行に関するTIPSを盛りだくさんでお伝えしていきます!

このブログについて

当ブログを訪問して下さりありがとうございます。

アメックスプラチナカードと海外旅行とレクサスについて、当事者しかわからない情報やお得な情報をたくさん掲載していこうと思いますので応援よろしくお願いします!

 

サイトマップ

各記事を探しやすいよう、サイトマップを表示します。

 

AD

 

 PlatinumLife’s blog

海外旅行をもっと楽しむための方法 カテゴリーの記事一覧

アエロフロートビジネスクラス搭乗記 16年9月17日 成田⇒モスクワ

アエロフロートビジネスクラス搭乗記 16年9月17日 モスクワ⇒ジュネーブ

アエロフロートビジネスクラス搭乗記 16年9月25日 ジュネーブ⇒モスクワ

アエロフロートビジネスクラス搭乗記 16年9月25日 モスクワ⇒東京

アエロフロートの魅力を徹底解剖!評判がいい理由は安いだけではなかった!

AMEXプラチナデスクで航空券を予約するメリット

アメックスプラチナカードでスターアライアンスのゴールドランクを取得する裏技! 

アメックスプラチナカードで世界一のレストランを予約してもらった話

JALのマイルでプライオリティパスがもらえる!!でもこれってお得なの!?

スペイン バルセロナの世界遺産カタルーニャ音楽堂を超お得に見学する方法

カタルーニャ音楽堂のガイドツアーを事前予約する方法

カタルーニャ音楽堂のコンサートチケットの予約方法

アメックスコンシェルジュの実力は?(海外公演手配編)

旅行上手な人はみんなやっている!海外旅行前にこれだけは絶対しておきたい準備!!

ヒルトンコペンハーゲンでホテルアップグレード!ヒルトンHhonorsゴールドがあれば、公式サイトからでなくてもアップグレード可能?

ヒルトンHhonorsゴールド会員の隠された特典!朝食招待券に感動!!

AMEXコンシェルジュでドバイのホテルを予約してみた!

ドバイで絶対泊まりたいホテルと言われる、ラッフルズドバイに「特別待遇」で宿泊しました

意外と見落としがちな、スーツケース選びで重要視しなければならないポイント

 

レクサスの魅力について語ります カテゴリーの記事一覧

レクサスGSの9年目の車検が人に話したくなるほど衝撃の金額だった!!

3年間レクサスに乗ってみて分かったこと

憧れのレクサス!気になる維持費はどのくらい?実際の費用を大公開!!

これでもうタイヤ交換も怖くない!5万円安くするとっておきの裏技

レクサス星が丘でタイヤの空気圧を調整してもらいました!

新型プリウスとプリウスPHVはどちらがお得?コンセントで充電できるのは本当に得なのか?

プリウスPHVのソーラーパネルが役に立たないという噂を聞いたので検討してみました!

プリウスPHVは最低27万km走行しないとプリウスよりお得とはいえない!?

 

一生に一度は行ってみたい海外のレストラン カテゴリーの記事一覧

フランスの伝説のレストラン!オーベルジュ・ド・リル本店の感動☆☆☆

伝説の料理人ポールボキューズのリヨン本店で味わうスペシャリテのフルコース!☆☆☆

 

東京のお気に入りのお店 カテゴリーの記事一覧

私が知る最高のランチ ジャンジョルジュ東京

皇居を眺めながらの優雅なランチ。進化系イタリアンのSensi by Heinz Beckに行ってきました!東京大手町

アランデュカスとシャネルのコラボ!銀座ベージュは平日限定ランチがお得!

 

 

自慢したいけど教えたくない名古屋のお店 カテゴリーの記事一覧

初めてのデートで絶対失敗しないレストラン!名古屋の最強ランチ!! 

天空のレストラン「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」のランチをお得に楽しむ方法

デートにも接待にも!古民家風料亭のお値打ちランチ!櫓心祜 in 名古屋

ラ・グランターブル ドゥ キタムラはさすが三ツ星で修業したシェフ(名古屋・白壁) 

名古屋で一番美味しいパン屋さん!名東区一社のバゲットラビット

日本庭園を眺めながらの和風フレンチ ガーデンレストラン徳川園 in 名古屋市東区 

 

アメックスプラチナカードでの体験談 カテゴリーの記事一覧

AMEXプラチナカードの驚愕の特典 完全まとめ

アメックスプラチナカードでスターアライアンスのゴールドランクを取得する裏技!

アメックスプラチナカードのインビテーションを目指す人に知っておいてほしいこと

アメックスプラチナカードは国内レストランでも特別待遇!ファインダイニング対象のお店と特典一覧

アメックスからプラチナカードホルダーをVIPルームお披露目イベントへご招待!

AMEXプラチナ特典のコンフォートカフェ(新幹線チケット手配)の使い勝手と注意点 

AMEXコンフォートカフェサービスを実際に使用した感想

AMEXプラチナカードの利用可能枠と上限金額を引き上げる裏技

アップグレードや豪華夕食無料などAMEXプラチナカードなら国内ホテルも魅力いっぱい!

AMEXプラチナデスクで航空券を予約するメリット

本当にNOと言わないサービス?AMEXコンシェルジュのがっかり 国内ホテル予約編

アメックスコンシェルジュの実力は?(海外公演手配編)

アメックスプラチナカードで世界一のレストランを予約してもらった話

アメックスコンシェルジュは本当に予約困難なレストランの予約できるのか

アメックスプラチナカード!

アメックスプラチナカードは家族カードの特典もアツい!!

アメックスプラチナカードでもらえる、一流ホテルグループの上級会員

ヒルトンコペンハーゲンでホテルアップグレード!ヒルトンHhonorsゴールドがあれば、公式サイトからでなくてもアップグレード可能?

ヒルトンHhonorsゴールド会員の隠された特典!朝食招待券に感動!!

シャングリラホテルの上級会員用ステータスキットが届きました!

シャングリラホテルゴールデンサークルポイントの価値はいくら?お得な使い方を徹底検証!

ホルダーだけが知っている、アメックスプラチナカードのステータス

アメックスプラチナカードの無料宿泊券(フリーステイギフト)の価値を徹底検証!

アメックスプラチナカードの無料宿泊券(フリーステイギフト)で泊まれるハイクラスホテルを一挙公開!

AD

 

思わず誰かに自慢したくなるお得な話 カテゴリーの記事一覧

必殺の価格交渉術を伝授します!値切るコツさえ掴めば営業さんから最安値を引き出すのも簡単!!

必殺の価格交渉術!引越し料金は7割引きまで下がります!

必殺の価格交渉術!家電を値切るコツを覚えると買い物が楽しくなる!(前篇) 

必殺の価格交渉術!家電を値切るコツを覚えると買い物が楽しくなる!(後編) 

電力自由化の恩恵!LOOOPにすれば魔法のようにお金が沸いてくる!?

ニッポンレンタカーの上級会員特典と無料でアップグレードしてもらう裏技!

 

 

国内旅行 カテゴリーの記事一覧

アップグレードや豪華夕食無料などAMEXプラチナカードなら国内ホテルも魅力いっぱい!

AMEXプラチナカードを日本で使う場合のホテルメリット

 

◆その他

このブログについて

私のプロフィール

プライバシーポリシー

お問い合わせはこちら

 

 

それぞれのカテゴリについて

 

主にアメックスプラチナカードについて、ホルダーだけが知っている実際の使用感や

コンシェルジュの使い勝手、その他公式サイトには記載されていない秘密の使い方や実態などを中心にとっておきの情報を書いていきます!

www.platinum-traveler.com

 

 

f:id:PlatinumLife:20161027223748j:plain

上の写真はパラオを訪れた時の写真ですが、この時ほど夕日に感動したことはありません。

 

海外旅行って日本と違うことだらけ。

海外旅行ってすごく高い。

旅行代理店に任せるのが一番安心できる。

そんなイメージありませんか?

 

安くて安全な旅をするのはどうすればいいのか。

一生忘れられない旅行にするための情報をたくさん掲載していこうと思っています!

 

ドバイで絶対泊まりたいホテルと言われる、ラッフルズドバイに「特別待遇」で宿泊しました

ドバイのホテルランキングで1位のラッフルズドバイに宿泊しました!ただでさえ豪華なのにアメックスプラチナカードで申し込んだので、超絶お得に泊まることが出来ました。この記事ではラッフルズドバイの魅力を紹介します!

 

目次

 1.ホテルについて

 2.ホテルの場所

 3.チェックイン

 4.アメックスの特典について

  4-1.クラブルームへアップグレード!

  4-2.エグゼクティブラウンジ利用可能!

  4-3.朝食無料!

  4-4.アーリーチェックインとレイトチェックアウト

  4-5.ウェルカムドリンクとウェルカムスイーツ

  4-6.ホテル内で使える100ドル分の飲食バウチャー!

 5.豪華なクラブルーム!

 6.朝食

 7.ホテルのファシリティ

 8.図書室

 9.プール

 10.是非試してほしいアフタヌーンティー

 

1.ホテルについて

 ラッフルズグループはもともとはシンガポールの超高級ホテルです。そのラッフルズがドバイに立てた高級ホテルがラッフルズドバイです。

 

ドバイのラッフルズホテルのコンセプトは古代エジプトとのこと。確かに至る所で遊び心が見えます。

f:id:PlatinumLife:20170507230608j:plain

ラッフルズドバイの外見です。確かにエジプトのピラミッドのようです。

 

2016年はトリップアドバイザーで人気1位のホテルでした!

2017年はワンアンドオンリーに抜かれてしまいましたが、2位を獲得しています。

  

2.ホテルの場所

ラッフルズドバイは中心部から少し外れた場所に位置していますが、リゾートとしてホテルで過ごすにはあまり気にならないかもしれません。

 

ドバイの空港からは車で20分ほどですが、中心部までもやはり車で20分ほどかかります。私はレンタカーで移動していたので気になりませんが、出かける度にタクシー代が発生するので気になる人は気になるかもしれません。

 

 

3.チェックイン

チェックインの際に非常に驚かされました!

通常だとフロントデスクでチェックインをしますよね?

 

フロントデスクで名前を告げると、他のスタッフよりもランクの高そうな人がカウンターの奥からすぐに出てきて、チェックインをすることなく、そのまま部屋まで案内してもらえました。もちろん、荷物はスタッフが案内するとポーターさんが飛んできて、私たちのスーツケースを運んでくれます。

 

海外旅行は今まで何十回と行っていますが、ホテルとはフロントでチェックインするものとばかり思っていました。周りのお客さんも「何であの人たちだけ?」とキョトンとしていました。

 

部屋に着くとくつろぐようにいわれ、そこでやっとチェックイン手続きです。

部屋のデスクでチェックイン手続きをしてもらえました。

f:id:PlatinumLife:20170507225535j:plain

こちらが案内された私たちの部屋です。このデスクを使ってチェックイン手続きを行ってくれました!待っている間はベッドかソファーにでも腰掛けていて、とのこと。チェックインって意外に時間かかるときもあるので、嬉しいですね。

 

通常、海外のホテルではチェックイン時にパスポートをコピーしますよね?

ルームチェックインの際にはどのようにパスポートをコピーするのだろうと思っていました。もちろん部屋にはコピー機はありません。

 

答えは非常に簡単でした。私たちが部屋でくつろいでいる間に、スタッフが私たちのパスポートを持ってコピー機まで走り、部屋まで持ってきてくれました!

 

ルームチェックイン自体はすごいサービスではないはずなのですが、ものすごく特別待遇を受けている感じがありました。

 

手続きが終わると、今回の特典の内容と一通りの部屋やファシリティの使い方です。

今回はアメックスのプラチナカードで申し込んでいるので素敵な特典がたくさんです!

 

4.アメックスの特典について

アメックスプラチナカードで予約したことによる特典を紹介します!

チェックインの際にもアメックスでの予約による特典だとスタッフの方が教えてくれたので、どのような特典があるのかとても分かりやすかったです。

 

今回はアメックスのコンシェルジュのお勧めで選んでいます。

詳しくは下記記事をどうぞ!

AMEXコンシェルジュでドバイのホテルを予約してみた!

 

4-1.クラブルームへアップグレード!

やはり特典として注目なのはルームアップグレードですね!

 

私がアメックスに予約をお願いしたのはスタンダードルームで ¥32,250です。

同日のクラブルームの値段を見ると¥41,431です。

 

その差額 約¥9,200!!

 

ラッフルズドバイには2泊したので、アップグレード分だけで¥18,400お得でした! 

 

4-2.エグゼクティブラウンジ利用可能!

 これはアメックスの特典というより、クラブルームに含まれるものですね。

 

クラブラウンジではアフタヌーンティーやイブニングカクテル、カナッペなどを楽しむことが出来ます!

 

全部無料で楽しめると思うとすごくお得ですよね!

 

4-3.朝食無料!

ラッフルズドバイの朝食は一人あたり120AEDです。

 

1AEDは約30円ですから一人あたり¥3,600もします。もちろん値段相応に豪華な内容ですが、それでもちょっと高いと感じてしまいます。

 

アメックスプラチナカードで申し込むと滞在中の朝食が無料になります!これは結構大きいサービスですよね。

 

二人で2泊しているので、

¥3,600 × 2人 × 2泊で ¥14,400お得です!

 

4-4.アーリーチェックインとレイトチェックアウト

 

アーリーチェックインは12時から、レイトチェックアウトは16時までホテルに滞在することが出来るようになります。

 

観光地だとあまりありがたみはないですが、リゾート地ではホテルに滞在する時間が長いのでとてもありがたいですね。

 

この時は到着が夜中になってしまったのでアーリーチェックインは使えなかったのですが、帰りのフライトが夜中だったため、レイトチェックアウトをお願いして16時ギリギリまで滞在させてもらえました!

 

4-5.ウェルカムドリンクとウェルカムスイーツ

 

これはクラブルームの特典です。

ウェルカムドリンクとしてスパークリングワインのボトルとキリンのビールを瓶でもらいました。

なぜドバイでキリンのビール?と思いましたが、あなたの国のビールだから!とのこと。

 

正直なことをいうと、せっかくだからベルギービールなどでもよかったのですが、ホテル側のホスピタリティということで好意的に受け取ることにしました。

 

4-6.ホテル内で使える100ドル分の飲食バウチャー!

アメックスプラチナカードのファインホテルアンドリゾート(FHR)特典に記載されている項目なのでサプライズはありませんが、これはものすごく嬉しい特典です!

 

ホテル内のレストランで食事、フードオーダーをしたときに使えるバウチャーです。

 

ディナーコースを頼んだり、お茶をしたりとホテルで贅沢に過ごすことが出来ます。もちろん、一流ホテルなのでレストランも一流!ラウンジで軽食を食べるのとはわけが違います。

 

一回で100ドル使わなくてもかまわないので、とても使いやすいです。

チェックアウトの際に飲食100USドル分を減額してもらえます。

スパなどに振り替えることはできないので注意が必要です。 

 

スポンサーリンク

   

5.豪華なクラブルーム! 

お部屋の紹介です!

f:id:PlatinumLife:20170507225632j:plain

ベッドはキングサイズが1台。

 

f:id:PlatinumLife:20170507225732j:plain

部屋の様子です。

 

f:id:PlatinumLife:20170513140150j:plain

デスク周りです。テレビには名前入りのウェルカム画面が表示されていました。

こんなことだけどちょっと嬉しかったです(笑)

 

f:id:PlatinumLife:20170507225945j:plain

ウェルカムスイーツです。おそらくドバイのお菓子かと思います。

ドライフルーツを砂糖漬けにしたようなお菓子とクッキーケーキのようなお菓子。

ちょっと甘かったです。

妻と二人で宿泊したのですが到着が深夜だったため食べきれず残してしまいました。

 

f:id:PlatinumLife:20170507230046j:plain

シャワーブースはバスタブと独立しています。

 

f:id:PlatinumLife:20170507230143j:plain

バスタブは三角形の広々したタイプ。お湯もたっぷり入りとても気持ち良かったです。 

 

 

 

6.朝食

1人3,600円の朝食ってどんなものだろうって期待して行ってみました!

f:id:PlatinumLife:20170507231316j:plain

朝食会場自体は白を基調としたオシャレで落ち着いたインテリアでした。

 

f:id:PlatinumLife:20170507230945j:plain

こちらは中東系の料理。もちろんいい材料を使って、どれも美味しそうに作っています。

 

ただやはり味付けは中東であって肉などはあまり使われておらず、甘そうに見えて酸味があったりと日本人にはなじみの無い味が多かったです。好き嫌いがかなり分かれる料理かと思います。私は嫌いではなかったですが、こればかりの朝食だと少し疲れてしまう気がしました。

 

f:id:PlatinumLife:20170507230852j:plain

こちらはホットミール。やはり同様に中東系のメニューが多いですが、欧米風の食べ物もちらほら。

 

 

f:id:PlatinumLife:20170507231039j:plain

こちらはフルーツと野菜コーナー。どちらも新鮮でおいしそう!隣にはハム、スモークサーモン、チーズが種類豊富に取りそろえられています。

ドレッシングも6種類もあるので何回でもお代わりしちゃいました。

 

f:id:PlatinumLife:20170507231132j:plain

ジュースとヨーグルトです。

左から順にマンゴージュース、グレープフルーツ、パイナップル、リンゴジュースです。黄緑色のリンゴジュースも少し不思議な気はしましたが、味は普通でした。少し甘かったですがマンゴージュースは美味しくて何回でもお代わりしちゃいました。

 

カップに入っているのはケーキやクリームではなくヨーグルトでした。

 

f:id:PlatinumLife:20170507231226j:plain

こちらはフルーツバーです。種類も10種類ほどあり結構贅沢な感じ。奥にはフレッシュフルーツジュースがおいてありました。

 

f:id:PlatinumLife:20170507231411j:plain

こちらはパンです。種類が多く全種類はとても食べ切れませんでした。デニッシュ系のパンは少し甘いものが多いので、少し食べてから追加でとりにいくことをお勧めします。

 

f:id:PlatinumLife:20170507231503j:plain

シリアルです。パンプキンシードやナッツ系、はちみつも2種類、地元のシリアルは箱のままおいてありました。ミルクも通常の牛乳とローファットミルクと2種類あり、カスタム自由な食事です。

 

f:id:PlatinumLife:20170507231550j:plain

席に案内されると飲み物、卵料理は何か欲しいか聞かれます。

ただし、メニューがないのでどんなものを注文したいか、スタッフと会話しながらお願いすることになります。英語が苦手な方にはちょっと苦労するかもしれません。

 

私たちはコーヒーとアイスカフェラテを注文しました。テーブルに置かれているグラスにはいったものがそうです。

 

卵料理はオムレツをお願いしました。左端にあるものがそうです。

ただし、日本で見るふわふわのオムレツではなく、しっかりと火を通した完熟タイプの卵焼きです。具はハム、チーズ、オニオン、マッシュルームなど何が良いか聞かれます。なにもいらなければプレーンと答えればよいですが、欲張りな私はいつもエヴリシング(全部入り)と答えてしまいます。

 

もちろん、コーヒーも卵料理も追加料金はかからないので安心してください。

 

f:id:PlatinumLife:20170514124630j:plain

もうひとつオーダーした卵料理のエッグベネディクトです!

 

周りでも頼んでいる人はいないし、お願いしても理解してもらえるかどうか不安でしたが、ちゃんと出てきました!さすが一流ホテルです!

 

スライスしたライ麦パンの上にスモークサーモンと半熟のポーチドエッグが乗っており、マスタードソースがかけられています。結構美味しいのでお勧めです。

 

頼んではいないですがおそらくクロックムッシュやクロックマダムなども頼めそうな感じでした。次は試してみたいですね。

 

スポンサーリンク

   

7.ホテルのファシリティ 

到着が夜だったので朝になっていろいろと回ってみました。

f:id:PlatinumLife:20170507231901j:plain

ロビーです。天井は3~4フロア分抜いてあり、非常に開放感のある雰囲気です。柱にはエジプトの壁画のような模様が彫ってありました。

 

f:id:PlatinumLife:20170507231916j:plain

こちらもロビーです。ウォーターカーテンですが、涼しげでとてもおしゃれ。

 

f:id:PlatinumLife:20170507232126j:plain

部屋のテラスからは外が眺められるようになっていました。くつろげるようにソファーとオットマンチェア付きです。私たちが訪れたのは5月だったので日陰はとても気持ち良かったです。

 

f:id:PlatinumLife:20170507232253j:plain

部屋からの眺めです。下に見えるドーム状の建物は温室で植物園となっています。その向こうにはWAFIモールというショッピングセンターです。このショッピングセンターはラッフルズドバイに直接つながっており、外に出ずに行くことが出来ます。

 

f:id:PlatinumLife:20170514153205j:plain

夜景はこんな感じです。

 

8.図書室

実はラッフルズドバイには図書室があります。中には本があったり軽食があったり。ラウンジの様に使われたり打合せスペースとして使われたりするそうです。

f:id:PlatinumLife:20170514124743j:plain

現地の方々のお茶スペースとなっていました。

 

f:id:PlatinumLife:20170514124744j:plain

本も置物もオシャレ。でも本を読んでいる人は誰もいませんでした。

 

 

f:id:PlatinumLife:20170514124810j:plain

こちらが軽食です。ただ内容としてはモーニングの方がはるかにいいのであまりがっついている人はいません。

 

9.プール

ラッフルズドバイには宿泊者用のプールがあります。

 

水着は持っていく必要がありますが、 長さも30mほどありしっかりと泳ぐことが出来ます。

 

プールではバスタオルを1枚とペットボトルに入ったお水をもらうことが出来ます。

もちろんバスタオルは追加で何枚でももらうこともできます。

 

更衣室はありますが、部屋からそのまま水着で来ている人達もいました。

f:id:PlatinumLife:20170514134315j:plain

私たちが行った時はほとんど人はいませんでした。あまり気にすることなく泳げてよかったです。

 

 

外国のプールだけあって、中心部は2mほどの深さがあります。

子供連れの人でも楽しめるように幼児用の40cm程度の深さのプールも別にありましたが、中学生、高校生となると大人用のプールに入るしかないのでちょっと大変ですね。

 

写真の右手に見えるのはバーカウンターです。陸から行くこともできますが、プールを泳ぎながら入ることもできます。ちょっと面白いですよね。

ドリンクを頼むと自分のシートまで運んできてくれます。

 

f:id:PlatinumLife:20170514134931j:plain

マンゴーのカクテルとベリーのソーダです。

1杯1000円程度です。

 

f:id:PlatinumLife:20170514134409j:plain

プールの反対側から撮った写真です。

 

f:id:PlatinumLife:20170514134342j:plain

壁の模様です。意味はないのですが、きれいだったのでなんとなく。

 

 

10.是非試してほしいアフタヌーンティー

ラッフルズドバイはロビーラウンジのアフタヌーンティーがとても有名な様です。

美味しくて豪華で、結構おすすめ、と色々な方の口コミで見ましたので、是非私たちも試してみようと挑戦しました。

 

アフタヌーンティーと言うだけあって、15時以降でしか提供してもらえませんので注意が必要です。

f:id:PlatinumLife:20170507232232j:plain

f:id:PlatinumLife:20170507233038j:plainアフタヌーンティーの場所はロビーラウンジです。やはり天井が高くて気持ちいいです。

 

f:id:PlatinumLife:20170507232324j:plain

メニューです。この中から好きなものを選ぶ、ではなく、全部でてきます

ものすごい量が出てくるので注意が必要です。

値段は一人3000円ほどでした。

 

f:id:PlatinumLife:20170507232417j:plain

こちらは妻の頼んだアイスカフェオレ。ミルクたっぷりです。

 

f:id:PlatinumLife:20170507232511j:plain

私の頼んだ紅茶です。

 

f:id:PlatinumLife:20170507232600j:plain

まずはセイボリーから出てきました!

左から順に

(手前)

チキンの王冠、マンゴーとコリアンダーのハーブロール

ブッラータチーズとオレンジ、クレソンとピスタチオ

ローストビーフとザータール(中東のスパイス)、蕪のピクルス

(奥)

卵サラダの渦巻きロール

ライムとベルガモットとサーモンロール、サワークリームとフェンネル、きゅうり

ロブスターサラダとキンカンのピクルス、ブリオッシュ

スモークフィッシュのパテとアボカドとマルチグレインブレッド

 

です。これだけで結構ボリュームを感じました。ランチとして食べてもよさそうです。

一つ一つは少しずつなので飽きずに食べれて美味しかったです。

アフタヌーンティー自体の文化が欧米色なのか、あまり中東っぽい感じがしないので日本人でも違和感なく食べれます。

 

f:id:PlatinumLife:20170507232646j:plain

続いてスコーンが出てきました。

 

レモンのスコーン

プレーンスコーン

クロテッドクリーム

ストロベリージャム

 

クロテッドクリームがチューブに入っていて面白かったです。

スコーンはバターたっぷりで、甘すぎないのでジャムやクリームをつけて食べるとちょうどよいかと思います。

 

f:id:PlatinumLife:20170507232737j:plain

続いて出てきたのがこちらのスイーツタワー。

ものすごいボリュームです。 

 

f:id:PlatinumLife:20170507232826j:plain

スワンのシュークリーム

エスプレッソクランチのケーキ

ストロベリーのチョコ

 

f:id:PlatinumLife:20170507232917j:plain

ジャンドゥーヤチョコレートのケーキ

イチゴとバニラクリーム 

AllumettesGlacees(何て訳したらよいかわかりませんでした)

 

f:id:PlatinumLife:20170507233006j:plain

桃のプラリネのピンヒール

ヨーグルトのパンナコッタ

ルバーブとメレンゲのタルト 

 

以上です。2人分頼んでいるので、それぞれ2つずつ出てきます。

 

全体としてみるとスイーツよりもセイボリーの方が凝って作っていて私の好みでありました。スイーツは見た目以上に甘いものも多く食べきれませんでした。

持て余しているとスタッフが声をかけてくれて、箱詰めにして持ち帰らせてくれました。持ち帰れると知っていると無理して食べなくていいのでもっと美味しく楽しむことが出来るかと思います。

 

プールサイドのドリンクとアフタヌーンティー併せても100USドルに満たなかったので、アメックスの飲食バウチャーで無料で楽しむことが出来ました!

 

 

ラッフルズドバイはいかがでしたでしょうか?

ドバイに行く際は是非滞在してもらいたいホテルでした。

伝説の料理人ポールボキューズのリヨン本店で味わうスペシャリテのフルコース!☆☆☆

日本でもその名を轟かせている、ポールボキューズ氏の本店に行ってきました!エリゼ宮で大統領にも捧げられたというスープを含む、ポールボキューズ氏のスペシャリテのフルコースを楽しむことができます!この記事ではそんなポールボキューズ本店について紹介します。

 

 目次

 1.ポールボキューズ氏について

 2.店舗情報

 3.ポールボキューズ本店の予約の取り方

 4.レストランの外観や雰囲気

 5.メニュー

 6.待望の料理

 7.感想

 

1.ポールボキューズ氏について

東京のメゾン ポールボキューズを筆頭に金沢のジャルダン ポールボキューズ、東京・名古屋・福岡のブラッスリー ポールボキューズと国内で7店舗を展開しています。そのため、日本でもポールボキューズ氏の名前を知っている方は多数いるかと思います。

 

数々の逸話でフランスでも伝説の料理人となっているポールボキューズ氏ですが、現在御年90歳を超えても現場に顔を出す精力的な方。つい最近も来日して数々のレストランを巡ったというのは俄かに信じがたいことです。

 

ポールボキューズ氏の歴史を振り返ってみると、1959年に33歳で実家のレストランを継ぎましたが、その2年後の1961年には国家最優秀職人賞を受賞しています。翌1962年にミシュラン2つ星を、1965年にリヨンの本店でミシュラン三ツ星を獲得して以来50年以上三ツ星を維持し続けています。もちろんこの記録はミシュラン最長であり、近隣のオーベルジュドリルをも上回ります。1987年にはフランスのグルメガイドであるGault&millau(ゴー・ミヨ)から「Chef of the Century」という今世紀最大のシェフとしての賞を贈られています。

 

地理的に近いこともあり、オーベルジュドリルの前オーナーのポール・エーベルラン氏とも懇意であり、現オーナーのマークエーベルラン氏がポールボキューズ氏の下で修行していたこともあります。

 

ポールボキューズ氏と言うと真っ先に思い浮かぶのはトリュフのスープですね。

自身の勲章授賞式で、大統領にささげたと言われるスープです。フォアグラテリーヌや牛ほほ肉、黒トリュフをダイスカットし、パイをかぶせたスープです。なんとスープ1杯で1万円もしますが、リヨンの本店で味わうことが出来ます。大統領にささげられた特別なスープだと思うと一度は飲んでみたいですね。

  

 

2.店舗情報

 

ポールボキューズの店舗情報です。

 

住所:50 Rue de la Plage, 69660 Collonges-au-Mont-d'Or, フランス

電話:+33-4-7242-9090

HP  :https://www.bocuse.fr/en/

場所:

 

地図を見て頂くと分かりますがリヨンの市街からかなり距離があります。

リヨン中心部から約10kmで、車で行くと20分程度です。

 

私はレストランまではレンタカーで行きましたが、 途中の道も細く、意外に渋滞するポイントがあるので時間には余裕を見ておくといいと思います。場所が場所だけにほとんどの人は車で来ているようでした。また、ポールボキューズのレストランからリヨンの街へ戻る道路にはオービス(速度自動取締機)があるので十分注意してください。

 

3.ポールボキューズ本店の予約の取り方

私はアメックスのコンシェルジュに予約を取ってもらいましたがお店のホームページから予約を取ることが出来ます。

 

Webから予約を取る方法はこちらです。不要な方はこちらからスキップしてください。

f:id:PlatinumLife:20170430132104j:plain

ホームページの「Paul Bocuse restaurant」をクリック

真ん中くらいにある、「Book a table」をクリック

 

f:id:PlatinumLife:20170430132343j:plain

そうすると、日付、人数、時間帯を選択することが出来ます。

時間帯をクリックすると次の画面に進みます。 

 

 f:id:PlatinumLife:20170430132350j:plain

名前、苗字、メールアドレス、電話番号の順番に入力します。

 

日本の携帯電話を入力する場合は

090-1234-5678 の場合 +81-90-1234-5678 となるのでご注意ください。

 

入力すれば予約完了です。

簡単ですよね!

 

季節にもよりますが大体1か月前なら予約できると思います。確実に予約をしたいなら3ヵ月前には予約することをお勧めします。夏場は人気も高いですが、私は9月の訪問に対して6月に予約をしても十分とることが出来ました。

 

4.レストランの外観や雰囲気

 

f:id:PlatinumLife:20170426213805j:plain

車で到着して、駐車場からレストランを見たところです。 

 

。。。この時点でちょっとびっくり。

 

1階部分はまともなんですが、どうしても視線は異様な雰囲気の2階部分へ行ってしまいます。まるで昭和のラブホテルのような外観に釘付け。

 

ちょっと趣味悪くないですか。。。?

 

f:id:PlatinumLife:20170426213840j:plain

駐車場からお店へ続く通路です。ここだけみるとオシャレです。

 

 

f:id:PlatinumLife:20170426213910j:plain

こちらは正面のエントランスです。やっぱり視線は派手な2階に釘付け。

 

f:id:PlatinumLife:20170426214004j:plain

レストランオープンの8時よりも早く着いてしまったため、一番乗りでした。

と思っていたら続々と人がやってきてあっという間に満席に。

 

f:id:PlatinumLife:20170426211443j:plain

内装はこんな感じです。トラディショナルというのでしょうか。ただキンキラキンというか、やはり昭和の洋食レストランのように感じてしまい、私の好みには合いませんでした。

 

スポンサーリンク

   

5.メニュー

ポールボキューズのメニューです。

メニューは記念に、といって持ち帰らせてくれたので家でじっくり眺めることが出来ました。

 

表紙

f:id:PlatinumLife:20170501220037j:plain

サービスプレートと同じスタイル

 

一枚めくるとアラカルトメニューです。

f:id:PlatinumLife:20170501220139j:plain

 

続いてワインリストです。

f:id:PlatinumLife:20170501220234j:plain

Mathieu Vialはポールボキューズ本店のソムリエです。

彼のお勧めワインのようです。グラスも良心的な値段で出していますね。

 

次はコースメニューです。

f:id:PlatinumLife:20170501220226j:plain

肝心の値段が切れてしまいました。

Menu Bourgeoisは€225、Menu Classiqueは€165です。

 

そして注目のメニューです。

f:id:PlatinumLife:20170501220255j:plain

Menu Grand Tradition Classiqueは€260です。

 

Menu Grand Traditionは高く感じますが、

Escalope de foie gras de canard poelee, sauce passion :63

Soupe aux truffes noires :€85

Filet de sole aux nouilles Fernand Point :€82

Volaille de Bresse en vessie :€240

Selection de fromages frais et affines :€35

Delices et Gourmandises :€35 

アラカルトでオーダーする場合と比べて半額です。

 

トリュフのスープやブレス鳥など、スペシャリテばかりで構成されているこのコースは結構とお得だと思います。

 

もちろん、私の部屋のテーブルは全員このメニューを頼んでいました。

ポールボキューズのスペシャリテコースなので、そりゃそうですよね。

 

 

f:id:PlatinumLife:20170501220320j:plain

メニューの裏表紙はポールボキューズと今まで掲載されたミシュランガイドです。

改めてそのすごさが分かりますね。 

 

6.待望の料理

 

f:id:PlatinumLife:20170426211253j:plain

サービスプレートです。

ポールボキューズ氏がジッとこちらを見ているのもちょっと。。。

まるで「俺の料理を食べるために来たんだろ」と言われているかのようでした。(大げさ?)

 

f:id:PlatinumLife:20170426211344j:plain

アミューズとしてじゃが芋のスープです。

 

とても美味しいのですが若干塩味が強かったような?

 

f:id:PlatinumLife:20170426211531j:plain

Escalope de foie gras de canard poêlée, sauce passion

フォアグラのエスカロープ パッションソース添えです。

 

牛肉のフォアグラ添えのようなものかと思って食べてみると、真ん中の一番大きい塊がフォアグラでした^^;臭みの無いフォアグラの甘味と少しパンチのきいたソースがとてもよく合います。

 

f:id:PlatinumLife:20170426211620j:plain

Soupe aux truffes noires V.G.E (plat cree pour l'elysée en 1975)

V.G.E.に捧げるトリュフのスープ(1975年にエリゼ宮にて)

 

V.G.Eとは当時のヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領のことです。

黒トリュフとフォアグラを小さくダイスカットして、たっぷりと出汁をとったものです。パイで蓋をしてあるためテーブルに運ばれても匂いは分かりませんが、スプーンでパイを崩すと途端にトリュフの香りが立ち上ります。突然トリュフの香りが部屋に立ちこめるので周囲の人が振り返るほどでした。

 

パイをスープに浸して食べます。中にはたっぷりの黒トリュフとフォアグラ。美味しくないわけがありません。ただ、量が多いのとかなり熱いので注意して下さい。

 

私たちは美味しかったので思わず食べてしまいましたが、このパイは全て食べてしまわないことをお勧めします。周囲の何人かがパイを残していて、もったいないなぁと思って見ていたのですが、理由はすぐに分かりました。

コースの量が多すぎるのです。前半飛ばし過ぎて後半に何も食べれなくなるパターンです。このスープの時点でも全体の25%に達していないと思った方が良いです。

 

f:id:PlatinumLife:20170426211707j:plain

Filet de sole aux nouilles Fernand Point

白身とパスタのクリームソース

 

白身魚(名前は聞き取れませんでした)とパスタをホワイトソースで包み、オーブン焼きにしています。実はこの料理、ポールボキューズの師匠のフェルナン・ポワンの料理です。

 

ただ残念なことにあまりにこってりとした料理で私たちの好みには合いませんでした。魚自体は美味しいのですが、バターをふんだんに使った(というよりは、入れ過ぎた)ホワイトソースはあまりにも重く、なるべくソースを避けて食べてもくどくなってきます。パスタもなぜこの料理に付け合わせる必要なのか理解できません。この一皿だけで全てをぶち壊します。

 

f:id:PlatinumLife:20170426211751j:plain

Granite des vignerouns du Beaujolais

ボジョレーワインのグラニテ

 

すっきりとした赤ワインのシャーベットです。

 

f:id:PlatinumLife:20170426211842j:plain

風船のような状態で運ばれてきましたが、写真を撮るのが遅く、割られてしまいました。ナイフとフォークで切り開き、目の前でサーブしてくれます。

 

f:id:PlatinumLife:20170426211931j:plain

中からは鶏の蒸し焼きが入っています。一羽分を切り分け、野菜と黒米と共にサーブしてくれます。二人で注文しているので胸の部分がいいか、モモの部分がいいか聞いてもらえます。

 

f:id:PlatinumLife:20170426212031j:plain

Volaille de Bresse en vessie "Mère Fillioux"

ブレス鶏のヴェッシー(豚の膀胱)包み ソース・フルーレット

 

サーブしてもらったのがこちらです。

ポールボキューズのスペシャリテでもありますが、こちらもフェルナン・ポワンの料理です。

 

ブレス鶏とはフランス中東部のブレス地方で育てられる鶏で、世界一の鶏と呼ばれています。AOCという原産地統制呼称に定められていて基準を満たさないとブレス鶏を名乗れないそうです。

 

どのくらいすごいかというと、

・ブレス鶏を飼育するための必要面積は通常のブロイラーの20倍

・1件の農家が飼育できるのは500羽まで

 (ちなみに500羽を飼育するためには5000平方メートル必要です)

・ブロイラーと比較して、価格は20~30倍

・95%が国内で消費され、輸出されるのは5%

・日本に対しては毎週200羽ほどしか輸出されない 

という、希少な鶏です。

 

もちろん良好な条件で飼育された鶏は、これは本当にチキンなのか疑いたくなるほど美味しいです。まず肉の繊維自体がしっかりとしていて非常に味わい深いです。一口ごとに肉から旨みが溢れ出てきます。

 

鶏自体も美味しいのですが、やはり優れているのは調理法。

豚の膀胱で包むと聞くとぎょっとしますが、肉のうまみを逃がさないためのフランスの古典的料理法です。その他にもトリュフやワインなどを詰め込み味をしみ込ませることが出来るそうです。この調理法の欠点は内包物を直接見ることが出来ないので料理の難易度が格段に上がるそうです。火加減が難しくなるのでなかなかお目にかかることのない調理技法です。

 

モリーユ茸たっぷりのクリームソースをかけた贅沢な料理です。

(ちなみにモリーユ茸も100gで2,000円ほどする、超高級キノコです)

 

ブレス鶏とモリーユ茸という豪華食材をふんだんに使いながら、残念ながらお腹いっぱいな上に、やはりホワイトソースが油っこくあまりたくさんは食べられませんでした。せっかくの食材だけに非常に残念です。 

 

f:id:PlatinumLife:20170426212412j:plainSelection de fromages frais et affines "Mère Richard"

チーズセレクションです。

 

ワゴンサービスです。すごく色々な種類があって、きっとどれもすごいチーズなんだろうなと思いながら、何も食べられない状態です。

 

アラカルトでチーズセレクションを頼むと€35(税サービス料を入れると5000円以上!)と思うと絶対自分では頼まないですね。

 

f:id:PlatinumLife:20170426212504j:plain

私の頼んだチーズです。

セミハード系のものを中心にオーダーしました。年数が経っていてどれも美味しかったです。

 

f:id:PlatinumLife:20170426212556j:plain

奥さんが頼んだチーズです。左側はフレッシュなヤギのチーズ。

手前はお店の人お勧めのハード系チーズ。真中がカマンベールです。 

 

f:id:PlatinumLife:20170426212223j:plain

チーズを食べ終わるとデザートがワゴンで出てきました。

好きなデザートを好きなだけ、というのがポールボキューズのスタイルのようです。 

 

f:id:PlatinumLife:20170426212317j:plain

こちらはアイスクリーム、フルーツ、ベリーのカクテルなどです。

 

f:id:PlatinumLife:20170426213035j:plainf:id:PlatinumLife:20170426212939j:plainこちらのワゴンはケーキの山。

 

f:id:PlatinumLife:20170426213131j:plain

デザートワゴンではなんとベルナシヨンのチョコレートケーキも選ぶことが出来ます!

 

リヨンのベルナシヨンというと日本でも意外に有名で、検索をかけるとものすごくたくさんのページがヒットします。中でもこの花びらのケーキ「ガトープレジダン」は看板メニューともいえる逸品です。

 

ベルナシヨンは世界でもリヨンの1店舗しかないのに、なぜポールボキューズで味わうことが出来るか不思議ですね。実はポールボキューズの娘さんがベルナシヨンに嫁いだことからレストランでサーブされるようになったようです。

 

f:id:PlatinumLife:20170426212748j:plain

 

私が選んだのはチョコレート。濃厚なチョコレートがぎっしり詰まったデザートです。

 

f:id:PlatinumLife:20170426213510j:plain

こちらはクリームブリュレ。ポールボキューズのスペシャリテです。

 

スペインのクレマカタラーナをベースに、今の形にしたのがポールボキューズなんです。甘いカスタードクリームを焦がした、あの味です。

 

f:id:PlatinumLife:20170426213226j:plain

こちらはもうひとつのスペシャリテ、ウアラネージュ。

 

メレンゲをカスタードクリームのソースであるアングレーズソースに浮かべたデザートです。何か特別なものかと思ったら、見た目通りの味でした。

 

f:id:PlatinumLife:20170426213316j:plain

こちらはレモンのタルトとチョコのタルト。

 

どちらも見た目通りの味。

 

f:id:PlatinumLife:20170426213414j:plain

もちろんガトープレジダンも頂きました。バニラビーンズがはっきりと見えるほどたっぷりはいったアイスクリームを添えてくれました。

 

f:id:PlatinumLife:20170426213607j:plain

こちらはワインにベリーを浮かべたカクテル。ワインはアルコールを飛ばしてあり、甘酸っぱいデザートでした。 

 

デザートについてはあまり三ツ星レストランの素晴らしさを感じることはありませんでした。一品一品、悪くはないのですがインパクトにかけるというか、「質より量で勝負」というスタイルが全面に出ていて残念でした。このスタイルが悪いというわけではありませんが、少なくとも私は好きでありません。

 

また、デザートで非常に残念なことがありました。

一組一組がワゴンで食べきれないほどのデザートを選択するのですが、案の定結構な量が手つかずで残ってしまいます。

一瞬の出来事ではありましたが、スタッフが手つかずのデザートをワゴンに戻したのです!

 

レストランとして、信じられますか?

ワゴンから離れて、客のテーブルに出したものを、再度ワゴンに戻すというとんでもない行為を。

 

美味しい美味しくない以前の問題ですね。非常に残念です。もう二度とポールボキューズの本店を訪れることはないでしょう。

 

 

f:id:PlatinumLife:20170426212842j:plain

最後にさらにプチフールを頂きます。

どうやら持ち帰りもできるようでしたが、頑張ってその場で食べました。

 

帰り際には キッチンも見せてもらうことが出来ました。ものすごく広いキッチンなのに整然としており、やはりこういうところはさすが一流レストラン何だと思います。

f:id:PlatinumLife:20170426213710j:plain

 

気になるお値段は¥66,628!!!

たっか!!!

 

もちろん、材料なども最上のものを使っているし3つ星レストランのスペシャリテのフルコースなので仕方ないんですけどね。

 

7.感想

私が今までいったレストランに比べて、残念ながら満足度が低かったです。

 

どちらかというと今までは先進的な料理のレストランが多かったのですが、ポールボキューズは完全なフランス伝統料理でした。もちろんオーダーしたのがグランドトラディショナルコースなのがいけなかったのかもしれませんが。

 

ただ料理は全体的に脂っこく、クリームやバターが多いので非常に疲れる食事でした。 

 

コンセプトとしてはたっぷりの量でゲストをもてなして、贅沢さや豪華さを見せ付けられる感じがあります。そういう、これでもかと言わんばかりに出てくる量がまた疲れる原因のひとつかと思います。全体的に残すことを前提とした量になっています。

 

デザートワゴンも非常に残念です。どれもまずくはないし、そこそこ美味しいのですが一品一品は印象に残るものではありませんでした。インパクトのあるデザートを出すことが出来ないからワゴンでごまかしている、という印象を受けました。

 

貧しかった時代の成金趣味的な発想でしょうか。これが受ける時代もあったとは思いますが、残念ながら今の時代にはあっていないように感じました。

 

少し辛口な評価になってしまいましたが、それでもやはりポールボキューズは伝説の料理人であり、みんなが一度はいってみたいと思うレストランであり続けると思います。

気軽に行ける値段ではありませんが、訪れるなら過度な期待を持たずに行くとよいかと思います。

AD